トップタイトル<教科書が教えない歴史>

特集
捏造された「南京大虐殺」


 国民党反日プロパガンダのカラクリを暴く


(一)日本軍が南京を陥落させた時、南京城内の市民は南京安全地帯(安全区)に避難していた。陥落直前の人口は20万だったが、その後も20万で変わらず、1ヵ月後の1月14日には25万人に増加している。万単位の規模の市民虐殺はあり得ない。

(二)国民党政府の公式文書である『南京安全地帯の記録』によれば、安全区内の殺人事件は26件にすぎず、そのうち目撃者のいるのは1件のみで、それも不法殺害ではなかった。

(三)国民党政府が南京陥落直前から約11ヵ月の間に漢口で開いた300回の記者会見で、ただの一度も「南京で市民の虐殺があった」「捕虜の不法殺害があった」と発表していない。

以上で、巷間いわれる南京虐殺なるものがなかったことの証明としては十分であるといってよい。ではなぜ多くの人々が南京虐殺があったかのように思い込まされて来たのだろうか。

過去10年間の南京事件研究の進展はこの問いに答えるものであり、その特徴は、虐殺宣伝の虚構性が暴かれたことと並んで、虚偽の宣伝の背景が新しい史料の発掘によって暴露されたことである。(続きを読む→)




『南京の真実を求めて』
(新撃論ムック・情報戦「慰安婦・南京」の真実より)
藤岡信勝/自由主義史観研究会代表・拓殖大学教授

『プロパガンダとしての南京事件』
田中秀雄/日本近現代史研究家・自由主義史観研究会会員

『悪魔の証明−写真は、真を写しているか?−』
飯嶋七生/自由主義史観研究会会報編集担当

『温家宝首相への公開質問』
茂木弘道/史実を世界に発信する会事務局長・自由主義史観研究会会員

『「1927年の南京事件」について考える』
石部勝彦/自由主義史観研究会会員

『授業案:日本軍、南京占領 1937年12月13日』
服部 剛/横浜市公立中学校教諭・自由主義史観研究会理事

『授業案:5つの数字が語る「南京事件」の真実』
藤岡信勝/自由主義史観研究会代表・拓殖大学教授


『南京事件論争のポイント』
(歴史論争最前線より 2002年掲載記事
上杉千年/日本教師会教育基本法改正運動特別委員会委員長員

『「2007年問題」闘争宣言 南京事件をめぐる国際情報戦参戦にあたって』
(歴史論争最前線より 07/2/26掲載記事)
藤岡信勝/自由主義史観研究会代表・拓殖大学教授


『南京70周年を反撃の年に』
(歴史論争最前線より 07/5/8掲載記事)
飯嶋七生/自由主義史観研究会会報編集担当



2007年9月15日産経新聞掲載の、論説委員・石川水穂氏のコラム記事。中国国民党が「南京で2万人の虐殺と数千の女性への暴行があった」として、昭和13年の国際連盟理事会で行動要求したものの採択されなかった事実と、南京問題の真実について国際社会に向けての日本の反論の必要性を強く主張している。

「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」の‘南京事件’研究結果についての報告。2編中の第一部(続きはこちら)。
南京陥落当時の貴重な映像。統制がとれた日本軍の様子からは、虐殺などは窺われない。6編中の第一部。続編には元気な南京市民の姿や正月風景も撮影されている(続きはこちら)。

「史実を世界に発信する会」の委員で、当会会員でもある茂木弘道氏を迎えての南京問題特番。‘南京事件’はなかったことを分かり易く解説しています。5編中の第一部(続きはこちら)。

世界の‘南京虐殺’映画ブームへの反論として、日本サイドが企画する映画製作記者会見の模様。当会の藤岡代表も出席しています。11編&質疑応答映像中の第一部(続きはこちら)。

1997年12月、アメリカで一冊の本が出版されました。タイトルは “The Rape of Nanking”。副題には、「第二次世界大戦の忘れられたホロコースト(民族大虐殺)」とあります。中国系アメリカ人であるアイリス・チャンによるこの本は、出版4ヶ月にして12万部以上が売れ、ハードカバーとペーパーバック総計で50万部を超えたと言われています。そしてアメリカ版と同時だった中国語版に引き続き、1999年2月には*日本語版も出版される予定でした。その内容を、一部ご紹介しましょう。

‘日本兵は捕虜の目玉をえぐり出し、耳と鼻を切り取り、生き埋めにして戦車で轢き殺し、虐殺した。また、女性を強姦して、被害は2万人に及んだ。その3分の1は天下の公道のど真ん中、公衆の面前で公然と行われた…’

“The Rape of Nanking”に記されている南京陥落時の日本兵の行為は、まさに鬼畜としか表現のしようがありません。しかし、もともとは科学ジャーナリズム指向だったチャンが、何故か突如として反日作家へと転身して出したこの本は、ありとあらゆる偽りと間違いで塗り固められたものでした。史実上の人物達の名前の間違った表記、曖昧な時代考証、虐殺の証拠として掲載された写真は全てがニセモノ。日本国内だけでなく、海外の歴史研究家らも多くの誤りを指摘しています(Timothy M. Kellyの批判海外研究家批判のまとめ当会英語サイトの『レイプ・オブ・南京』批判)。

けれども、この本は海外でセンセーショナルに受け入れられ、その影響もあって12本もの‘南京大虐殺’関連映画が企画されました。2004年にチャンは鬱病による自殺で他界しましたが、彼女を反日運動のアイドルとして偶像化する動きも絶えていません。祖父達の名誉と民族の資質を著しく侮辱する“The Rape of Nanking”に対して、日本人は反論の手を緩めてはならないのです。

*日本語版の版権を取得した柏書房が刊行にあたって、‘事実誤認’箇所の訂正をチャンに打診したが断られ、度重なる出版延期の末に決裂して出版中止となった。



 ≪南京事件研究の第一人者が語る歴史の真実≫

   講演会 「南京神話」を追撃する

南京事件研究の第一人者で亜細亜大学教授の東中野修道先生の講演会を、本駒込交流館にて11月17日(土)に開催します。南京虐殺の神話が事実と論理掃討されてゆく追撃戦を堪能してください。自由主義史観研究会会員ではない方の参加も大歓迎です。

     
★詳細及び申込方法はこちらから★


「N氏の”びみょー”な愛情」様 「オリエント急行殺人事件」と「南京事件」

「mk.com記録書庫」様 日本史から葬られた通州事件

「日本人ならこれを見、これを読め」様 「南京事件」の総括

「徒然日記堂本店」様 南京大虐殺の議論再燃

「猛虎過江(猛虎への道)」様 支那と支那人と日本

「白雲」様 南京問題小委員会の調査検証の総括

「4つの目で世の中を考える」様 南京虐殺のプロバガンダ映像の嘘を暴く

「開張足は快調」様 南京大虐殺公開質問状(Will6月号)

「立川剛のコンサルタント日誌」様 南京大虐殺

「藪の眼には涙もでない」様 かくして没落は始まった




「旭軒という飲食店に入ると、七、八名の女が全部裸体にされ、強姦射刺殺され、陰部に箒を押しこんである者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに堪えなかった。東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合わせて、それに八番線を通し、一家六名数珠つなぎにして引き回した形跡歴然たる死体が浮かんでおり、池の水は真っ赤になっていた。(…中略…)各戸ごとに調査すると、鼻に牛のごとく針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこの塵箱の中やら塀の陰から出てきた」

上述は‘南京大虐殺’の描写ではない。‘南京大虐殺’があったとされる数ヶ月前、1937年7月29日に北京東方の通州で、日本人市民(非戦闘員)に対して中国の保安隊が行った残虐行為、つまりは通州事件の目撃談の一部なのだ。しかし、「陰部に箒を押し込んで」、「池の水は真っ赤に」、「腹部を銃剣で刺された妊婦」など‘南京大虐殺’の目撃談には、これによく似たものが実に多い。また、こうした他民族への中国人の残虐行為は、1959年3月20日の「血塗られた金曜日」と呼ばれるチベット人への大虐殺事件にも見られる。これらは偶然に過ぎないのか?

中国のチャン・イーモウ(張藝謀)監督作品に『紅いコーリャン』という映画があり、物語中に旧日本軍兵士が農夫を惨殺するエピソードがある。日本兵は自ら手を下さず、別の村人に農夫の皮膚を生きたまま剥がすよう強要。だが、この身の毛もよだつ殺し方は、古来から中国に伝わる「剥皮(はくひ)」と呼ばれる処刑法で、古今を問わず日本にこのような処刑法は存在しない。つまり、中国人の発想によって生み出された刑罰を、作中で日本人に行わせているのだ。

‘南京大虐殺’の存在を否定する人々の中に共通していると思われるのが、あったとされる余りにも残酷な行為の数々を、‘日本人の発想とは思えない’という一種の違和感である。この違和感をもって‘虐殺’が無かったと証明することは勿論できない。けれども、単なる身内贔屓と結論できるほど、この違和感はいい加減なものでもない。なぜなら、南京であったとされる蛮行の数々は、あまりにも‘中国的’過ぎるものばかりなのだから。



≪世界中が見た‘南京否定動画’≫


米プロパガンダ映画、『バトル・オブ・チャイナ』。この中で使用されている日本軍の捕虜虐殺映像が、実は中国の国民党兵士が共産党捕虜を殺害していると暴いた動画が、YouTube で話題に。制作はブロガー、TAMAGAWABOAT氏。政治家やマスコミに頼らずとも、一個人が真実を世界に発信できる時代が来たと知らしめた。

『「ザ・レイプ・オブ・南京」の研究』
東中野修道、藤岡信勝著 祥伝社
日本人の残虐性を騙った『ザ・レイプ・オブ・南京』(1997年アメリカ)の出版から、「情報戦」をお手のものとする中国の手口と戦略を探る。‘南京虐殺’はナチスのホロコースト以上と主張する同書は歴史的事実を無視したひどい内容にも関わらず、50万部を越すベストセラーとなった。日本がここで反論しなければ、この嘘が「世界の常識」となってしまう

『南京事件 国民党極秘文書から読み解く』
東中野修道著 草思社
南京陥落直後、アメリカの大手新聞に「南京大虐殺物語」がトップ記事として掲載され、その7カ月後に南京の日本軍暴行の目撃談をまとめた『戦争とは何か』がニューヨークとロンドンで出版された。果たしてその内容は真実を伝えるものだったのか。新たに発掘した極秘文書を検証から、これらが対敵宣伝の戦果であったことを明らかにしていく。

『「南京大虐殺」のまぼろし』
鈴木 明著 ワック
第四回大宅ノンフィクション賞受賞。「30万人大虐殺」も、「100人斬り」も存在していなかった!かの‘南京大虐殺’ は、未だに事実と確証されていない、つかみどころのない「まぼろし」のようなものである。当時の関係者を訪ね歩いて証言をつぶさに拾った取材から、著者が偽りの‘南京事件’の真相を明らかにした否定派本の先駆け


『南京事件」の探究-その実像をもとめて』
北村 稔著 文藝春秋
大虐殺が「あった」「なかった」を性急に議論するのではなく、「南京で大虐殺があった」という認識がどのような経緯で出現したかを順序だてて確認。‘南京事件’が初めて発信されたのはティンパーリの本だが、それは中国国民党中央宣伝部の巧妙な戦時外交戦略だった。史料探索によってそれを事実確認し、さらに南京事件の真実に迫っる。

『「南京事件」発展史』
冨澤繁信著 展転社
‘南京事件’は時と場所を移して変貌しながら肥大化し、反日プロパガンダの巨怪にまで「発展」した。<原初的南京事件><ベイツ南京事件> <東京裁判南京暴虐事件><朝日新聞南京大虐殺事件>…その始まりから今日に至るまでを、データベースを駆使して研究し続けた、日本「南京」学会の理事でもある著者の完結論考。

『南京事件「証拠写真」を検証する』
N東中野修道、小林 進、福永慎次郎著 草思社
著者達が見た写真は3万枚を超える。この中から南京事件の証拠とされる約140枚を選び出し、撮影者、撮影場所と時期、キャプション、出所・提供者など写真の特性を洗い出したが、科学的とさえいえる検証作業の結果、南京大虐殺の「証拠写真」として通用するものは1枚もないことが判明。写真は必ずしも第一級の歴史資料たりえないことを証明した。

『「南京事件」日本人48人の証言』
阿羅健一著 小学館
南京虐殺’の現場は、一体どうなっていたのか?過去、‘南京事件’の証拠、証言とされたものには多くの虚偽が含まれ、真相を一層わかりにくいものにしてきた。本書は当時、南京にいた軍人・記者・写真家等、日本人生存者に直接インタビューした証言集である。昭和62年刊行時、各界に衝撃を与えた「第一級資料」を復刊


『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』
日本会議国際広報委員会、他著 明成社
南京にいた欧米人で「30万人虐殺」を主張した人は皆無、日本軍にあった「国際法遵守」「不法行為禁止の命令」、大量殺害の証拠とされる「埋葬記録」の水増しなど、中国の‘南京大虐殺論’を徹底批判。情報の流れを簡潔な図表であらわす等、初心者にも分かりやすい内容で、南京問題の基礎文献として一読するにふさわしい。英文併記。


『「南京虐殺」への大疑問』
松村俊夫著 展転社
大虐殺を唱える人々がより所とする外国人が書いた資料を読めば読むほど、疑問は深くなる。略奪者は本当に日本兵だったのか、市民虐殺はあったのか、強姦で生まれた混血児は何人いたのか、被害者(自称)の証言はなぜころころ変わるのか等々。数々の疑問を解くべく外国資料を精読して、著者がたどりついた「南京の真実」。


『「南京事件」の総括』
田中正明著 小学館
松井大将の私設秘書であった筆者が、執念とも言える南京事件に対する研究をまとめた1冊。各国の公文書や文献、報道を徹底検証。国際委員会の被害報告や中国軍軍事報告に大量殺戮記録がない、「11万人埋葬」は不可能で目撃者もない…等、虐殺否定の論拠を明確に。20年前に出版された名著を再構成、反日プロパガンダの欺瞞を明かす




南京事件のあった証拠として、紹介されている「証拠写真」は、すべて ニセモノだということが分かってきた。もちろん、写真がニセモノだからといって、南京で「虐殺」がなかった証拠にはならない。しかし「あった」ことを証明するために出してきた「証拠写真」が、もし捏造だったとしたら…。そんなインチキ写真を出してくるということは、やはり、南京大虐殺はでっち上げなのではないのか。

よくいわれるように、「なかった」証明は「あった」証明よりも、ずっと難しい。たとえば、宇宙人が実在するかどうかの命題でも、あの「捕まった宇宙人」の写真はニセモノではないのか?「宇宙人の解剖映像」は?宇宙人の存在を否定するためには、これら「実在」説の証拠とされる写真を一つ一つ潰していくしかない

南京事件に関していえば、当時の中国国民党には、ニセモノ写真を作ってでも、成し遂げたい目的があった。日本が悪魔のように残虐で、人間以下の鬼畜だと宣伝することによって、日本を孤立させ、世界中を中国の味方にするという目的が。

ニセモノ写真のさわりを紹介しよう。「キャプションすり替え」によって、民家で食糧を買いこみ、仲間のところに持ち帰ろうとする笑顔の日本兵は、鶏や狗を掠奪したことにされている(写真左)。この写真の初出は『朝日版支那事変画報』で、「支那民家で買ひ込んだ鶏を首にぶらさげて前進する兵士(十月二十九日京漢線豊楽鎮にて小川特派員撮影)」との説明が付いていた。

生首ゴロゴロ写真(写真右)は、朝日新聞が1984年に南京大虐殺の証拠として大々的に報じたもの。朝日新聞の記事では写真の上部が切り取られているが、そこには「鉄嶺ニテ銃殺セル馬賊ノ首」と印刷されており、満州の文房具・写真屋で売られていた組写真の中の1枚で、南京の犠牲者でも何でもなかった。別の土産屋では、まったく同じ写真なのに「匪賊ニ惨殺サレタ朝鮮人」と印刷されており、実際に生首の主はナニ人で、殺害者が誰なのかすら分からない。ポルノ写真も、南京でレイプされた女性などではなく、今でいうプレイメイトのポルノ撮影であったようだ。

他にも「合成写真」や「トリミング」などの手法で南京大虐殺の「証拠写真」はつくられた。さらに知りたい方は、こちらをクリック。



  ≪南京問題のMOOKが登場≫

南京問題を初心者にも分かりやすく解説したムックが登場。‘専門書を読むのは…’という方にオススメ。まずは、『中学生にも分かる慰安婦・南京問題』から。次は更に詳細な『情報戦「慰安婦・南京」の真実』へ。この特集に寄稿してくださった先生方や、当会の藤岡代表の記事も掲載。




【注意】下記のリンクは特集関連情報を皆様にご紹介する主旨で選ばれています。リンク先における全ての記載内容を、必ずしも自由主義史観研究会が支持しているとは限りません。



外国特派員団に南京事件否定論
存在しなかった『南京大虐殺』を材料にいまだ日本非難を続ける中国の戦略
ほぼ完璧に否定されている南京での“三〇万人虐殺”
『歴史歪曲』今こそ中国は詫びよ
誇大報告・水増し“南京事件”の証拠の信憑性は非常に乏しい
『南京虐殺』の虚構
南京事件に関する新事実 まさに歴史を見直すべき時
 雑誌等に掲載された‘南京虐殺’関連の櫻井さんの記事が読めます。

『新しい歴史教科書をつくる会』南京事件「証拠写真」の検証に取り組んで
『新しい歴史教科書をつくる会』南京事件を無知と歪曲で描いた本宮ひろ志
『新しい歴史教科書をつくる会』根拠なき南京市民虐殺説
『新しい歴史教科書をつくる会』「十五年戦争」史観への疑問

『南京の真実』
 虐殺はなかったという真実を主張する映画製作企画の公式サイト。

『史実を世界に発信する会』
 海外で流布される反日プロパガンダに英文で反駁する会の公式サイト。

『衆議院議員戸井田とおるサイト』
 南京問題関連の様々な媒体記事を集めたメディア・コーナーは圧巻


『反日ワクチン』
 南京前後の現地特派員電報をまとめて掲載している優秀なブログ

『朝日新聞の偏向を糾明する会』
 「南京大虐殺」でっちあげ報道・おわび記事・日記開示命令判決
 朝日新聞がニセ写真を‘南京虐殺’の証拠として掲載した一件の顛末。

「Sankei WEB・国際」前田 徹・【千変上海】映画祭で上映された「南京」
「Sankei WEB・社会」中山元文科相「大虐殺ない」 南京シンポ
「Sankei WEB・政治」「南京大虐殺は虚構」 歴史教育議連が調査検証
「Sankei WEB・社会」南京30万人…教科書検定後に犠牲者増
「Sankei WEB・論説」【正論】藤岡信勝 『レイプ・オブ・南京』未刊の理由
「Sankei WEB・国際」「南京」反応は 「30万人虐殺」米出版社が論破本
「Sankei WEB・政治」富岡幸一郎・【コラム・断】“南京の真実”は政府の手で
「正論」佐伯浩明・南京事件と河野外相発言に思う

「痛いニュース」【レイプ・オブ・南京対抗動画がアップされ、海外で大反響
「痛いニュース」【犠牲者数30万人、いくら何でも多すぎないか…朝日新聞】
「痛いニュース」【米英との合作で「レイプ・オブ・ナンキン」を映画化】
「痛いニュース」【大江氏、南京大虐殺記念館で頭100回下る→中国紙絶賛】
「痛いニュース」【"南京大虐殺"ニセ被害者扱い中国人女性、中国で勝訴】
若者に人気の巨大掲示板「2ちゃんねる」での、様々な議題に対する反応が要約紹介されているブログ。下部には、このエントリーに対する新たな一般からのコメントも述べられています。「2ちゃんねる」ユーザーと、大手マスコミには取り上げられ難いニュースに敏感な「痛いニュース」ファンの、匿名ならではの「南京」関連問題に対する率直な意見を、偏見なしに御一読ください。

特集の目次へ

Copyright